学会賞

 

受賞者

2017年(第6回大会) 受賞者

優秀研究発表賞

蓬郷尚代(東京海洋大学博士研究員)、千足耕一(東京海洋大学学術研究院)、松本秀夫(東海大学)
「短縮版海洋リテラシー評価尺度の開発」

奨励研究発表賞

高寄正樹、菊地俊紀、新井健一(日本大学生産工学部)、白石 聖(帝京大学)、行田直人(帝京科学大学)、藤本浩一、佐野裕司(東京海洋大学)
「眠気軽減のための息こらえが神経系に及ぼす影響」

奨励研究発表賞

布野泰志(鹿屋体育大学大学院)、榮樂洋光、中村夏実、中本浩揮、森 司朗(鹿屋体育大学)
「自己調整学習を取り入れたメタ認知を高めるためのヨットプログラム構築の試み —ヨット初心者への介入— 」

優秀ポスター発表賞

平野貴也(名桜大学)
「SUP(スタンドアップパドルボード)活動者の実施環境と環境保全に関する研究」

 奨励ポスター発表賞

小林 俊・松本秀夫・川邊保孝(東海大学)、植田 央(明治学院大学)、蓬郷尚代・千足耕一(東京海洋大学)
「アウトリガーカヌー愛好者のレジャー関与がライフスタイルと幸福感・レジャー満足度に与える影響」

 

2016年(第5回大会) 受賞者

優秀研究発表賞

 藤本浩一(東京海洋大学)、保坂由紀(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構)、菊地俊紀(日本大学)、佐野裕司(東京海洋大学)
「船舶動揺病下の動脈収縮に関する実船上計測の試み」

奨励研究発表賞

 高寄正樹、菊地俊紀、新井健一(日本大学生産工学部)、白石 聖(帝京大学)、行田直人(帝京科学大学)、藤本浩一、佐野裕司(東京海洋大学)
「息こらえ方法と主観的眠気軽減の持続性との関係」

奨励研究発表賞

 河本幸太(東京海洋大学大学院)、千足耕一(東京海洋大学学術研究院)
「セイルトレーニングにおける協同性及び対人関係性に関する研究」

優秀ポスター発表賞

 蓬郷尚代(東京海洋大学博士研究員)、千足耕一(東京海洋大学学術研究院)、松本秀夫(東海大学)
「海洋リテラシー評価尺度の妥当性についての再検討」

 奨励ポスター発表賞

 布野泰志(鹿屋体育大学大学院)、幾留沙智、榮樂洋光、中村夏実、中本浩揮、森 司朗(鹿屋体育大学)
「長期的なヨット活動を行っている児童の自己調整学習とメタ認知能力 -ヨット活動と学習活動との関係-」

 

 

2015年(第4回大会) 受賞者

優秀研究発表賞

 菊地俊紀(日本大学)、林 敏史・萩田隆一、吉野 紬、千足耕一、佐野裕司(東京海洋大学)
「1ヶ月の乗船実習が愁訴、筋及び脊椎骨の圧痛に及ぼす影響」

奨励研究発表賞

 中塚健太郎(徳島大学),坂入洋右(筑波大学)
「積極的休息法としての軽運動とGボール椅子の組合せが監視時の心身の状態及びパフォーマンスに与える影響」

優秀ポスター発表賞

 蓬郷尚代(東京海洋大学博士研究員)、千足耕一(東京海洋大学学術研究院)
「SCUBAダイビング指導者を対象とした健康管理に関する実態調査 − 第2報 −」

奨励ポスター発表賞

 漆谷伸介(運輸安全委員会)、中島優里(元東京海洋大学)、千足耕一(東京海洋大学大学院)
「水上オートバイ愛好者を対象とした調査研究」

a

a

2014年(第3回大会) 受賞者

優秀研究発表賞

 國枝佳明(独立行政法人 航海訓練所)
「帆船の訓練効果に関する研究 – 創造性の発達 -」

奨励研究発表賞

 布野泰志(鹿屋体育大学)
「ヨット体験が子どもの心理・行動面へ及ぼす影響」

a

a

2013年(第2回大会) 受賞者

優秀研究発表賞

藤本浩一(日本女子大学・東京海洋大学大学院)
「ヒトにおける息こらえ中の血液再配分 – 一般成人を対象とした case study -」

奨励研究発表賞

 中塚健太郎(筑波大学)
「監視作業における積極的休息法としての軽運動の効果」a

a

a

a

賞選考規定

Copyright ©  2017   JSMTA 日本海洋人間学会  All rights reserved.